中体連・中間テスト

 令和元年も早一ヶ月が過ぎそして2019年もあっという間に半年を迎えた。子どもの時間感覚は大人に比してゆっくりというけれど、果たしてどうなのだろうか。両方を同時に体験などできないので比較する云々の話ではないけれど………。

先月は石田中の中間テストが終わり、その結果もそろそろ出始めて概ね自己最高を達成したニュースも届く今日この頃である。そして今度は松城中の中間テストがある。しかしその前に中体連が行われ、中学三年生にとっては中学生活の最後の晴れ舞台でもある。去年までは控えで応援していた側から主役となり力の入り具合も一入であろう。約半世紀前の自分自身のことを思い出して懐かしい気分になる。思い起こせば県大会出場のため生まれて初めて飛行機に乗ったこと、大会よりも那覇という大都会で見聞きしたことの方が印象に残っている。

テストを一週間後に控えた晴れ舞台はどうなのだろうか。今は勉強どころではないかもしれないが、これから受験に向けて自分自身を叱咤激励する術を学ぶのにもいい機会かもしれない。自己ベストを目指して取り組んでほしい。


対面指導

週割(しゅうわり)
継続割引(継割・けいわり)


ホームページ作成
やったね