「わかる」から「できる」へ


 授業で習うと「わかる」のに一人になると解けない。テスト前は解けていたはずなのにテストで解けなかった。よく生徒が口にします。あるいは「ミスった」「凡ミスしてしまった」とも。これは一言でいうと「練習不足」です。「わかったつもり」になっていただけです。習って理解したらすぐに類似問題を数多く解いてみることが必要です。そのとき大切なことは「Step by Step」の姿勢で臨むことです。自分の力量に合った問題から徐々に難しい問題へと進まなければならないのに、ちょっとできたくらいで目新しい問題へ進みたがるのは危険です。そのときに側にいて導いてくれる人がいたらいいのですが、一人でやるとついつい投げ出してしまい結局は自信を失うだけです。

 

 「みのたけ」ではできないところに立ち返って、そこから一つ一つつぶしていきます。問題を一緒に解くというよりは、解くのを見守っているという感じです。そして助力を求められたらさりげなく手を差しのべます。一つクリアできてから次の段階へと体系的に進めていきます。豊富な問題と経験でひとりひとりをサポートします。

 

「わかる」が「できる」という確信につながるまで。

 

               戻る