昨今、子供たちが連れ去られる事件が全国で相次いでいます。
このような犯罪は児童生徒の学校への登下校時に発生するケースが多く、通学路の安全の確保は緊急の課題となっています。
被害にあった時の状況としては下校中・帰宅途中・登校中などの移動している間の被害がおおく、狙われた時間帯を見ると学校が終わり自宅へ戻るまでの夕方頃に集中しています。
また発生場所も通学路だった子供たちもあり、いつもの通学路を通っているから…と安心できるものではありません。