漢検解答届きました

11日(金)に実施された第一回の漢検の解答が届きました。昨日の夕方届いたので、何名かの生徒は既に帰っていて解答できませんでした。しかしそれから登塾した生徒は自己採点をしました。余裕で合格点をクリアした生徒もいれば、あと2点で残念!という生徒もいました。あと1点に泣く子をこれまで何度も見てきました。「最後の最後まであきらめない」、「あと一問粘る」、そういう気持ちが大切だと感じさせられます。

しかし最も肝心なことは、日頃からコツコツと学習を積み上げて、満点とる気持ちで本番に臨むことです。今回もテスト数日前に過去問を大量に仕上げて臨んだ生徒もいましたが、やはり「付け焼き刃」はもろかった。これが高校入試でなくてよかったねと慰めるしかありません。何よりも本人がそれに気づいて、この失敗を今後に生かしてくれればよいのですが。

正式な合格通知は約一ヶ月後です。しかしそれを待たずに次のステップへ進む準備が始められます。