ただいま、奮闘中!?

この二週間は土日も返上してテストに備えました。普段はテキトーに見える生徒が授業終了後も残ってそれなりに頑張っていました。三年生が受験勉強に勤しむ姿を見て、何か期するものがあるのでしょうか。来年の自分たちの姿をみているのかもしれません。

 

「みのたけ」の授業は通常は無学年のスタイルのため、学年で教室を分けるのではなく、科目で教室を移動します。それは一見、混沌と見えるかもしれません。しかしそれはそれで、学年に関係ない本当の学力とは何かを感じ取る機会でもあると思います。それは時には「みじめ」さを感じる時かもしれません、逆に「誇り」を感じるかもしれません。いずれにせよ、それらが刺激となって「やる気」の材料になっているようです。

 

今頃、生徒たちはテストで奮闘中でしょう。知識はインプットすることも大切ですが、それをアウトプットすることの方がもっと大事だと思います。その引き出し方を知っている人を「頭がいい」というと思います。

 

そのためには「決してあきらめない」気持ちが必要です。かならず脳の中に納められているはずです。それをうまく引き出してください。