今日、明日は中間テスト

ちょうどこの時間、生徒達はテスト中だろう。順調に進んでいるだろうか? 


この二週間は土日も返上して、この日のために努力してきた。学年に関係なくそれぞれがこのテストの意義を意識しているようで、毎日の学習にもこれまでとは何か違うものを感じているので、期待できそうだ。 

 

 

昨日の授業中、チェックをしながらそれぞれの生徒に言ったことがある。

「あなたがもっているポテンシャルからすると、○○点はいける! その点数を取るためには最後まであきらめず粘ることだ」

そう、自分の能力をフルに発揮するためには「自分にはできるはずだ」と言い聞かせることがとても大切だ。自分がやってきたことを信じて、落ち着いて取りかかれば、フッと答えが「降りてくる」ことはままある。

実力はあるのに点数が伸びない生徒は、得てして「あきらめが早い」。だからちょっとした壁にぶち当たると、そこで投げてしまう。したがって得点が低いままだ。あとで確認すると「なぁんだ」と言う。


わたしたちにとって定期テストは、学力をつけるだけでなくメンタル面をサポートする機会でもあるのだと自覚させられる。