夏期講習会

いよいよ夏休みに突入です。いつもよりまとまった時間が確保できるので、日頃から気になっていたことに挑戦するにはもってこいの季節です。

ただし無目的に過ごしている人には単なる暇つぶしの時間でもあります。

同じ時間でも、どう過ごすかによって後々大きな差になってしまいます。

それは夏休みの宿題ひとつでもいえることです。

宿題を「やらされ」ているととらえるか、自分自身を強くするための課題ととらえるかによって、後々大きく違ってくると思います。

どうせなら、楽しんでみたらどうでしょうか。どうすればこの課題を克服できるか、その方法を考え、克服するまでやり続ける、というように。

価値のあるものに限って、最後まですんなりとはいかないものです。途中で必ず壁があります。その壁にぶち当たったときに、すぐ諦めるか、それともどうすれば乗り越えられるかいろいろ試してみるか。

そういうことを時間があるときに実験してみるのです。もし壁の突破法を自分自身で体得できれば、それは大きな自信となるでしょう。そしてそれは今後の人生に大きく役立つと思います。

有意義な夏休みを!